銀行カードローンと消費者金融の違い|専業主婦カードローン選択

MENU

銀行カードローンと消費者金融の違うところは?

キャッシングをしている方の多くが、銀行カードローンか消費者金融カードローンのどちらかを利用しているのではないでしょうか?!…その意味から言えば、銀行カードローンと消費者金融カードローンは、カードローンの中でもメジャーと言ってよいと思われます。また、これからカードローンを利用してキャッシングしようと考えている人にとっては、「銀行カードローンと消費者金融カードローンってどう違うの?」といった点は是非とも前もって知っておきたいことなのではないでしょうか?そこで今回は、「銀行カードローンと消費者金融の違うところは?」について考えてみたいと思います。

 

「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」の一番の大きな違いはなに?

 

銀行カードローンも消費者金融カードローンも、個人向け無担保で信用貸しという方法でお金を貸すことは、まったく同じです。他方で、同じ業務であっても、融資方法や融資条件などを見ると異なる点はあります。そして、銀行カードローンと消費者金融の違いとして、まず一番に指摘できるのは、「融資を規制する法律が違う!」ということなんです。銀行は「銀行法」によって融資が規制され、一方で消費者金融は「貸金業法」によって融資が規制されます。そして、異なる法律による規制は、「年収の3分の1までしか融資できない総量規制の対象か対象外か?…」といった、実際の融資における違いとなります。総量規制は貸金業法に付随する規制となるので、消費者金融は総量規制の対象となり、銀行法に基づく銀行カードローンは対象外となるのです。両者の違いを具体的に指摘すると、たとえば年収300万円の人は消費者金融カードローンでは100万円までしか借りれませんが、銀行カードローンなら100万円以上の借り入れも可能となるのです。

 

それ以外の違いってどんなこと?

 

もうひとつ銀行カードローンと消費者金融との違いとしては、「審査基準のハードルが違う!」といったことでしょうね。つまり、銀行カードローンの審査は厳しめとなるので審査基準のハードルは高くなり、消費者金融は審査が柔軟で簡単なので審査基準のハードルは低めになるということです。そして、カードローン利用者の口コミ情報では、「銀行カードローンの審査には落とされたが、消費者金融カードローンの審査には通って融資を受けられた!」といった体験談は多いのです。「金利」や「融資額」も両者の明確な違いとして挙げられます。銀行カードローンの金利は、年4%台〜14%台となります。他方で、消費者金融カードローンでは年4%台〜18%となるので、金利のお得さでは銀行に軍配が上がります。また、融資額について言えば、消費者金融カードローンの融資上限額は500万円どまりですが、銀行カードローンだと500万円〜1000万円と大型融資が可能となります。さらに違いを指摘すると、「審査スピードと即日融資」となります。消費者金融カードローンは、審査が簡単なので審査スピードが早いです。たいていの消費者金融の審査は最短30分で審査結果を教えてくれます。そして、審査が早いので即日融資も可能になるのです。一方で、銀行カードローンの場合は、審査が厳しめとなることで審査ではそれなりの時間がかかることになります。そして、審査に時間を要するので即日の融資は難しいところが多いと言ってよいのです。

主婦カードローンはこちら