電話確認と郵便物|専業主婦カードローン選択

MENU

電話確認と郵便物

キャッシングするさいに、少なくない人が気になってしまう事が、カードローン会社からの「電話確認」と「郵送物」なんです。気になる理由としては、電話確認や郵送物で「キャッシングしている事が他の人にばれてしまうのではないか?…」といったことなんです。でも、本当に電話確認や郵送物でキャッシングがばれてしまうのでしょうか?…そこで今回は、カードローン会社からの電話確認と郵送物について考えてみたいと思います。

 

電話確認は「在籍確認」であります

 

“カードローン会社から電話確認が来る”というのは、そうそうありません。しかし、キャッシングする上で、必ずカードローン会社から電話確認が来る場合があります。それは「在籍確認」の審査なんです。在籍確認は、職場や自宅へ電話確認をすることで本人確認する審査となります。そして、在籍確認は、どのカードローン会社でも原則として、必ずあると考えてください。一方、在籍確認の電話確認でキャッシングしていることがばれるのでしょうか?…実は、電話確認でばれる可能性は低いのです。なぜなら、電話確認では、利用者本人が電話口で応対するまで決して「○○カードローン会社の△△です。」とは言わないからです。あくまでも個人名で電話確認の連絡を入れるので、他の人が電話に応対しても友人か取引先の人としか思われません。だから在籍確認の電話確認でまず家族や会社の他の人にキャッシングしている事実がばれることはないと言ってよいのです。

 

郵送物は原則拒否できません

 

郵送物についてもキャッシングするさいには、必ず自宅に届くものがあります。たとえば、カードローン契約をすると、後日に契約書と利用規約書、加えてカードローン専用カードが自宅に届きます。でも、「郵送物は要らない!」との理由で、これら郵送物の受け取りは拒否できませんよ。しかし、これら郵送物を無くすことは可能です。たとえば、消費者金融なら「無人契約機」があるので、無人契約機で契約をして、その場でカードローンを発行してもらえば自宅への郵送物は無くなります。もうひとつ必ず自宅に届く郵送物としては、毎月の利用明細書があります。キャッシングを利用すると必ず利用明細書が発行され、利用明細書は利用者本人に送付することが貸金業法によって決められています。それゆえ、利用明細書の郵送も拒否できません。でも、「WEB明細」サービスに切り替えれば利用明細書はウエブ上で確認となるので自宅への郵送は無くなります。また、明細書が発行されるATMを利用すれば自宅への利用明細書の郵送は無くなります。ちなみにカードローン会社専用のATM利用なら必ず利用明細書がその場で発行されますよ。以上がキャッシング利用時および利用中に自宅に届く郵送物となります。そして、郵送物の送り主は別会社となっているのでばれません。封を開けて中身を見られてしまうと100%キャッシングしていることがばれてしまいます。それゆえ、ばれたくないのなら、郵送物が自宅に届かないようにした方がよいと思います。

主婦カードローンはこちら