銀行カードローンの魅力と特典|専業主婦カードローン選択

MENU

銀行カードローンの魅力と特典

「キャッシングするなら銀行カードローンがいい!」「銀行カードローンでしかキャッシングしたくない!」といった方は多いと思われます。キャッシング利用する人において、そのような方が多いのは、なによりも“銀行カードローンには銀行カードローンにしかない魅力や特典”というものがあるからだと考えられます。そんな銀行カードローンの魅力と特典に関して掘り下げてみたいと思います。

 

銀行カードローンの魅力は“借りる安心さ”

 

銀行カードローンのなによりの魅力って、やはり“お金を借りる安心さ”と言ってよいのではないでしょうか?銀行は、普通預金や定期預金を利用したり、給与振込や年金受取、あるいは公共料金等の口座引落で日ごろからよく利用する、すごく身近な金融機関と言って間違いないと思います。そして、そんな身近な銀行からお金を融資してもらう安心感ってすごく大きいのではないでしょうか?また、銀行からお金を借りるさいに、「銀行からお金を借りてしまうとあとで大変な目にあってしまうのではないか?…」といった不安や怖さを感じてしまう人ってまずいないと思うのです。むしろ、「銀行からお金を借りれた!」といった達成感や満足感の方が大きいものとなるのではないですか?さらに言えば、給料振込などで、いつも利用しているマイバンクの銀行カードローンなら、いっそう安心して利用できると思うのです。以上のような、借りる安心さや信頼感は、身近で信頼できる金融機関である銀行ならではの魅力と言って間違いないと思いますよ。

 

銀行カードローンの“特典”ってなんだろう?

 

銀行カードローンの特典として、まず挙げられるのは、“金利の低さ”だと思います。銀行カードローンの金利は、年4%台〜14%台となっています。その一方で、消費者金融だと年4%台〜18%となるので、金利差によるメリットは明らかと言えます。また、ネット銀行カードローンの中には、年1%台〜7%台どまり、といった極めて低金利なものもあります。消費者金融カードローンでは絶対に有り得ない金利水準と言ってよいでしょう。

 

融資額の大きさも特典と言えます。銀行カードローンでは、500万円〜1000万円の融資上限額となります。が、消費者金融カードローンでは大手でも500万円までとなります。以上の点を鑑みて言えば、銀行カードローンの特典は、比較的まとまった多額の融資を低金利で借りられることから、“長い借り入れも可能になる”ということなんです。たとえば、100万円を各々の最高金利で10年間借りたとすると、銀行の場合は、年14%なので「100万円×14%÷365日×10年間=140万円」となります。他方で、消費者金融の場合は年18%なので、「100万円×18%÷365日×10年間=180万円」となり、金利差による差額はなんと40万円にもなります。このような金利差による大きな負担差って、銀行カードローンならではの“特典”と言ってよいのではないでしょうか。

主婦カードローンはこちら