配偶者貸付は消費者金融では利用できない?!|専業主婦カードローン選択

MENU

配偶者貸付は消費者金融では利用できない?!

専業主婦の方がキャッシングするさいに、ネックとなってしまうのが“借入先”なんです。なぜなら、専業主婦は、原則無収入なので、なかなか借入先が無いのが現実なのです。しかし、どこにもお金を借りる先が無いと言う訳ではありません。専業主婦でもお金を借りれるところはあります。そして、その借入先のひとつとして考えられるのが消費者金融です。そこで今回は、「配偶者貸付は消費者金融では利用できない?!」と題して、専業主婦の消費者金融キャッシングについて考えてみたいと思います。

 

「配偶者貸付」を利用するなら消費者金融となります

 

無収入の専業主婦がカードローンでキャッシングするためには、「配偶者貸付」を利用します。配偶者貸付は、夫の収入を仮に専業主婦の収入と見たてるかたちで融資を可能とする方法なんです。それゆえ、年収の3分の1まで融資可となる消費者金融で配偶者貸付を利用すれば、理屈上では“夫の年収の3分の1まで専業主婦でも借りれる”ことになります。が、実際にはそうはなりません。配偶者貸付は、あくまでも無収入である専業主婦であっても夫の収入を担保にして見たてるかたちで融資を可能にしていると考えてください。一般的に配偶者貸付を利用した専業主婦の融資上限額は、多くても30万円くらいまでとなるようですね。そして、配偶者貸付を利用するためには、配偶者の同意書、結婚している事実を証明できる住民票か戸籍抄本、そして配偶者の収入証明書をきちんと揃えて提出しなければなりません。また、配偶者貸付を利用してキャッシングできるのは消費者金融となり、銀行キャッシングの場合は配偶者貸付は利用できません。

 

「配偶者貸付」は中小消費者金融でしか利用できません!

 

無収入の専業主婦でも消費者金融でお金を借りれる配偶者貸付ですが、プロミスやアコム、アイフルやモビットといった知名度の高い大手消費者金融では利用できないのが実情なんです。理由としては、事務処理手続きなどの煩雑さを挙げて利用を断っているようですね。そのことから配偶者貸付を利用して消費者金融でキャッシングしようとすれば、必然的に中小消費者金融しかありません。中小消費者金融というと、たいていの専業主婦の方には馴染みの無いところが多いと思われます。しかし、知名度が低く、聞いたことのが無いような中小消費者金融でも合法で正規のところなら専業主婦でも安心して借りられます。絶対にヤミ金のように、違法な高金利でお金を貸し付けられてしまうようなことはありません!ただし、大手に比べると金利はやや高めとなります。たとえば、中小消費者金融でも比較的知名度の高い【フタバ】では年14.959〜17.950%、【アロー】だと年15.00〜19.94%となるので、プロミスやアコムなどの年4%台〜18%に比べると金利は高くなります。その一方で、中小は大手よりも、さらに審査が柔軟で独自の審査基準を設けているところも多いので、専業主婦の借入先としては借りやすい会社となることに疑いはありません。

専業主婦カードローンはこちら