配偶者の同意ない専業主婦はカードローン利用できる?|専業主婦カードローン選択

MENU

配偶者の同意ない専業主婦はカードローン利用できる?

専業主婦がカードローンを利用してお金を借りる場合には、収入の無い専業主婦は、配偶者の収入を担保とすることになります。配偶者が無収入だと専業主婦はカードローンを利用できません。また、「配偶者の収入を担保にキャッシングする」ということから、専業主婦はカードローン利用において、配偶者の承認や同意が必要になると考えられます。では配偶者の同意ない専業主婦はカードローン利用できるのでしょうか?

 

“配偶者貸付”を利用する場合は「同意書」は必須!

 

専業主婦がカードローンを利用してキャッシングする方法として、「配偶者貸付」を利用する方法があります。配偶者貸付とは、配偶者の収入を担保にして専業主婦がお金を借りれる制度なんです。そして、専業主婦が配偶者貸付を利用する場合には、必ず「配偶者の同意書」の提出があります。配偶者貸付を利用したカードローンでは、配偶者の同意ない専業主婦はカードローンが利用できないのです。また、配偶者貸付を利用したカードローンは、“消費者金融カードローン”となります。実情としては、プロミスやアコム、アイフルやモビットなどの大手消費者金融では、専業主婦の配偶者貸付の利用を断っています。そのことから専業主婦が配偶者貸付を使って利用できるカードローンは、配偶者貸付を認めている中小消費者金融に限られると言うことになります。

 

銀行カードローンなら“配偶者の同意なし”でOK!?

 

無収入の主婦にも融資可となる総量規制の対象外となるカードローンは、“銀行カードローン”なんです。そして、専業主婦の主な借入先となるカードローンは、銀行カードローンになると言ってよいでしょうね。専業主婦が銀行カードローンを利用するさいにも、実質的には夫の年収を担保にしてお金を融資してもらうかたちになります。その一方で、銀行カードローンにおいても、夫の収入を証明することは専業主婦が審査で成すべき義務となりますよ。そして、その意味から言えば、どの銀行カードローン審査でも、「夫の収入証明書」の提出はあると考えておくべきです。
また、銀行によっては、“配偶者の同意”を得ている証拠を提示できない専業主婦は審査に通さないこともあります。が、「配偶者の同意」が無くても利用できる銀行カードローンもあります。そんなカードローンを具体的に挙げると、【東京スター銀行カードローン】と【三菱東京UFJ銀行カードローン】なんです。夫の収入証明書の提出は必要になると思いますが、これら銀行カードローンなら配偶者の同意は不要となります。これらの銀行カードローンであれば専業主婦が提出すべき書類は、運転免許証や健康保険証などの身元確認書と配偶者の収入証明書の2つだけでカードローン利用がOKとなりますよ!

専業主婦カードローンはこちら