誰にも内緒でキャッシングする専業主婦|専業主婦カードローン選択

MENU

誰にも内緒でキャッシングする専業主婦

今日、無収入の専業主婦の方でも、夫の収入を担保にしてキャッシングされている方は多いのではないでしょうか?そう考えられる理由としては、夫の給料がなかなか増えない反面、増税や日常品の物価高騰、光熱費の値上がりなど、支出は増える一方で家計がいっそう厳しさを増している…と考えられるからです。そして、夫の収入だけを頼りにしている専業主婦にとっては、夫の収入が減ったり、リストラされてしまうと一気に生活費不足といった状況に追い込まれてしまうので、そのような理由でキャッシングを利用している専業主婦の方は決して少なくないと推察できます。「誰にも内緒でキャッシング…」といった観点から、現在の専業主婦のカードローン事情を考えてみましょう。

 

家族に内緒でキャッシングする専業主婦っているのかしら?

あくまでも推論の域を出ないものとなりますが、配偶者貸付の制度を利用せずにキャッシングしている専業主婦の多くは、夫や家族に内緒でキャッシングしていると言ってよいのではないでしょうか。なぜなら、配偶者貸付を利用するさいには、「配偶者の同意書」の提出が必須となるので、少なくても夫に内緒でキャッシングするのは不可能なので、配偶者貸付を利用しなければ夫の同意書不要でキャッシングできるからです。つまり、夫や家族に相談せずに、こっそりキャッシングできるのであれば、あえて夫にキャッシングする事実を告げる必要は無いと考える専業主婦はいると思うのです。また、専業主婦のキャッシング利用者の中には、「今月だけ少し家計がピンチなので、お金を借りたい!…」といった理由で、“あえて夫や家族に心配をかけたくない…”との配慮から、家族に内緒で一時的に借りられるのなら、そのようなキャッシングを利用したいと考える専業主婦も多いと思われるのです。以上のことから、誰にも内緒でキャッシングする専業主婦は案外多いと言ってよいのではないでしょうか。

 

どうやって家族に内緒でキャッシングしているの?

家族に内緒でキャッシングしている専業主婦が利用しているカードローンは、「銀行カードローン」が多いと言ってよいでしょうね。なぜなら、銀行カードローンは夫の収入を担保にしてお金を借りれるかたちですが、配偶者貸付を利用するのではないので、「配偶者の同意書」「婚姻事実を証明する住民票」「配偶者の収入証明書」といった書類をすべて用意して提出する必要がないので、内緒でキャッシングし易いからなんです。
そして、たいていの銀行カードローンでは、「夫の収入証明書」の提出は必要になると思いますが、夫に内緒で収入証明書を提出できれば誰にも内緒でキャッシングできるのです。
銀行カードローンの申し込みについても、インターネットを利用すれば24時間365日いつでもパソコンやスマファを使ってこっそり申し込めますし、審査と契約を“WEB完結”のネットキャッシングにすれば来店不要で自宅に届く郵送物も無いので、借りた後でも家族にばれません。
そんな誰にも内緒でキャッシングしている専業主婦に特に人気が高いと考えられるのは、【東京スター銀行】と【三菱東京UFJ銀行】のカードローンなんです。東京スター銀行カードローンなら、専業主婦でも借入上限がないので希望する融資額で申し込めます。また、手続きはすべてネット上でWEB完結なのでばれません。しかも「配偶者の同意なし」でカードローンが利用できるので、内緒で借りたい専業主婦に人気が高いのもうなずけますよね。一方、三菱東京UFJ銀行カードローンなら、「テレビ窓口」で契約とカード受け取りが可能なので、郵送物無しで家族にばれません。原則として、配偶者の同意は不要となります。ただし、東京スター銀行でも三菱東京UFJ銀行でも、夫の収入証明書の提出は必要になると考えておいてくださいね。

主婦カードローンはこちら