専業主婦のカードローン返済計画|専業主婦カードローン選択

MENU

専業主婦のカードローン返済計画

専業主婦がカードローンを利用する上において、一番気になってしまうのは
「借りたお金をきちんと返済できるのかしら?…」
「もし返済できなくなったらどうしよう?…」
といったことだと思います。“借りたお金はきちんと返済する!”はキャッシングの大原則です。キャッシングで失敗しないためにもしっかり返済の計画をたてて、借入しましょう!

 

“返済は計画的に!”は専業主婦カードローンの鉄則ですよ!

 

専業主婦がカードローンでキャッシングする際には、特に“計画的な返済”をしっかり考えた上で利用することがなによりも大切と言えます。なぜなら、専業主婦は自らの収入がなく、夫の収入を当てにしてお金を借りるからです。予期せぬ出費があって、「今月だけ少し生活費が足りなくなった!…」といった、一時的な借り入れ程度でしたら、それほど大きな借り入れとはならないでしょうし、またあくまでも一時しのぎの借り入れとなるので緻密な返済計画は必要ではないと思われます。が、比較的恒常的にコンスタントにカードローンを利用するような専業主婦の場合には、きちんとした返済計画が絶対に必要となります。そして、返済計画も曖昧なまま、「足りないからお金を借りる…」といった漫然なキャッシングをしてると、間違いなく多重債務になったり、返済不履行となってしまいますよ。

 

“良い返済計画”は「余裕ある借入」から始まります!

 

専業主婦カードローンでは、良い返済計画は“余裕ある借り方”に基づくと言ってよいと思います。そのためには夫の収入状態の見込みや、収入から生活費などの必要経費を差し引いた余剰資金の限度をきちんと把握することがまずとても大切になります。夫の収入状態や生活支出費の総計をしっかり把握しないでカードローンを利用し続けると、必ず無理な返済を強いられることとなり、専業主婦の場合はそれが致命的ミスとなる可能性は高いのです。それゆえ、夫の収入における、毎月の余剰資金を計算して、その余剰資金を目一杯カードローンで利用するのではなく、その範囲内において「急な出費があった場合の費用見込など差し引いた、まったく利用する予定の無い金額分で上手に借りるようにする」ことが、すなわち専業主婦カードローンの賢い返済計画になると言ってよいのです。
また、余裕ある借り入れを前提とした上で、なんらかの事情で臨時収入があってお金に余裕がでた場合には、上乗せ返済や前倒し返済などの“繰り上げ返済”を積極的に行って、少しでも利息負担を減らしつつ、元金を減らせるようにすることが専業主婦カードローンの返済計画でのコツとなりますよ

 

どうやって返済したらいいの?

どうしても返済できない場合

専業主婦カードローンはこちら