専業主婦でもカードローンで増額できる?|専業主婦カードローン選択

MENU

専業主婦でもカードローンで増額できる?

無収入の専業主婦でもカードローンを利用してお金を借りれます。また、カードローン利用者は借入額を増やすことが可能なんです。でも、無収入の専業主婦の場合はどうなのでしょうか?専業主婦でもカードローンで増額できるのでしょうか?

 

専業主婦カードローンの増額は厳しいかも?

 

専業主婦でもカードローンを利用している限り、他のカードローン利用者と同じ権利があると言えます。そして、カードローン利用者は、誰でも借入状況や返済状況に応じてカードローンの限度額を増やすことは可能です。また、増額してもらう権利があるのです。でも、専業主婦のカードローン利用者の場合にはどうなるのでしょうか?…まず第一に考えたいのは、「専業主婦は無収入!」ということです。そのことから収入の上積みによる返済能力アップ!ということは専業主婦の場合は見込めませんよね!?そうなると、増額してもらう条件としては、ちょっと厳しくなってしまいます。また、専業主婦の場合には、実質的に“夫の収入を担保として融資受ける”ことになるので、言ってみれば夫の信用能力と返済能力を担保にして、すべての融資条件を決めることになると言っても過言ではないでしょう。そのことから専業主婦がカードローン増額を認めてもらう条件としては、“配偶者である夫の条件次第”ということになってしまうのではないでしょうか。

 

増額の条件は返済実績の積み上げです!

 

専業主婦に限らず、カードローンで増額を認めてもらうためには、“クリーンな返済実績を十分に積む!”ことがなによりも大事なのです。返済遅延や滞納が一度も無いクリーンな返済実績は、利用者先のカードローン会社との間での信頼感の積み上げになるのです。それゆえ、毎月きちんと返済してくれる利用者は、それだけカードローン会社にとって「お金を貸しても返済できる人…」といった信頼感を与えることになるのです。そして、この信頼感の無い人は、まず増額審査に通してくれません。その意味から言えば、専業主婦の場合も、このようなクリーンな返済実績を少なくても6か月以上積み上げれば、増額審査に通してもらえる条件は整うと考えられますね。しかし、返済実績の大元は、やはり配偶者である夫の収入に拠るものとなるので、夫の収入状態や経済状態が増額審査では審査対象になると思われます。そのことから、専業主婦が増額審査に申し込んだ場合は、再度夫の収入証明書の提出が必要になり、仮に夫の収入が増えており、かつ返済実績に問題無ければ増額を認めてもらえるケースも無いとは言えません。

専業主婦カードローンはこちら