銀行カードローンの魅力と特典|専業主婦カードローン選択

MENU

専業主婦がカードローンする理由

昨今、専業主婦のカードローン利用者が増えているようなのです。専業主婦は、自ら収入が無く、夫の収入のみに頼っていると言ってよいでしょう。それゆえ、夫の収入状態の変化によって、日々のお金が足りなくなってしまうことは容易に推察できます。そこで今回は、専業主婦がカードローンしなくてはいけない理由について考えてみたいと思います。

 

専業主婦の懐事情ってどうなの?

キャッシングしている専業主婦について言えば、「日々の生活費に困窮してしまうことがある!…」との事情において共通した理由になっていると言ってよいのではないでしょうか。なぜなら、贅沢をしたり、贅沢品の購入のためにキャッシングしなければならないのなら、それは我慢できたり、お金が貯まるまで購入を延期すれば、あえてキャッシングしなくても済む問題と考えられるからです。
「日々の生活費不足は待ったなし!」と言えます。公共料金の支払いが滞るとライフラインを止められてしまいますし、お金が無ければ食べ物だって買えないので、それこそ死活問題となってしまうからです。それゆえ、昨今の専業主婦の懐事情には、“日々の生活費不足!”といった深刻な問題があると考えられるのではないでしょうか。

 

専業主婦がカードローンする理由はなに?

専業主婦は、夫の収入だけが頼りです。夫の給料が増えれば、その分月々の生活に充てられるお金も増えます。が、逆に夫の給料が減ると月々の生活は苦しくなります。そして、そのような夫の給料の変動によって、専業主婦は毎月の生活費不足を補填するためにカードローンを利用してキャッシングすることになると考えられます。
消費税増税や日常品の値上がり、電気・ガス料金の値上がり、さらには子供の養育費にかかるお金や、今日では介護が必要な高齢者を抱える家庭も増えて来ていることから、専業主婦のやりくりは一層厳しさを増していると言っても過言ではないでしょう。
長引く経済不況から、夫の給料アップは期待できず、最悪の場合にはリストラされてしまうと、生活費不足でお金がどうしても足りないという状況になります。
また貯蓄はあるでしょうが、子供の将来や自分らの老後のために貯蓄を生活費のために切り崩したくない専業主婦は多いと思われます。
以上のように、もろもろの社会事情の変化や経済情況によって、専業主婦がカードローンをする理由はますます増えて来ていると言えるでしょう。その根底には“生活費不足”といった深刻な問題が横たわっているのは確かなのです。

専業主婦カードローンはこちら