内緒のキャッシングがばれる理由|専業主婦カードローン選択

MENU

内緒のキャッシングがばれる理由

「できれば家族や会社の同僚には内緒でキャッシングしたい!…」と誰もが思うのではないでしょうか?!…一般的に言えば、キャッシングしている事実がばれてしまうことは滅多にありません。が内緒にしていたキャッシングがばれることもたまにあるんです。何故ばれてしまうのか・・・その理由についてご紹介します。

 

在籍確認OR郵送物でキャッシングばれる!?

キャッシング利用するさいに、多くの人が心配になるのが「在籍確認」と「郵送物」なんです。
在籍確認は、職場や自宅にキャッシング会社から電話連絡が来るので、「もし家族の誰かが…、会社の他の人が…電話連絡に出てしまったら内緒キャッシングがばれてしまうのではないか?…」と考えてしまうようなのです。が、在籍確認の電話連絡でばれる可能性は極めて少ないのです。なぜなら、在籍確認では利用者本人が電話口に出るまで絶対に「○○キャッシングの△△という者です。」とは名乗らないからです。一般的に個人名で電話をかけたり別会社の人間を装って電話をします。他の人が電話に応対しても、「■■さんの友人かな?…」「会社の取引先の担当者かな?…」と思われるだけで済みます。ですので、在籍確認が内緒キャッシングがばれる理由としては可能性は低いのです。
一方、キャッシング契約を結ぶと、必ず自宅にキャッシング会社から郵送物が届きます。そして、これら郵送物の受け取りは拒否できません。さらに言えば、郵送物の封を開けられて中身を見られてしまうと100%キャッシングしていることがばれると思いますよ。そのことから、内緒キャッシングにおいては、郵送物がキャッシングばれる一番のネックになると言ってよいのです。

郵送物を無くすのは可能です!

 

ばれる可能性の高いキャッシング会社からの郵送物としては、まず契約後に自宅に届く契約書や利用規約書、加えてカードローン専用カードがあります。しかし、これら郵送物については、無人契約機で契約を済ませて、その場でカードを受け取るようにすれば郵送物は無くなりますよ!
また、最寄りの店舗に来店して契約とカード受け取りも可能です。

 

もうひとつ郵送物としては、毎月の利用明細書があります。キャッシングを利用すると必ず利用者本人宛に明細書を送付することが貸金業法によって義務付けられています。それゆえ、郵送拒否はできません。しかし、「WEB明細」サービスに切り替えれば、毎月の利用明細書の郵送は無くなります。また、利用明細書が発行されるATMを利用すれば、その明細書が毎月の利用明細書の代わりとなるので郵送はありません。

 

そして、もうひとつ注意したいのは、「絶対に返済で問題を起こさない!」ことなんです。実は、キャッシングしていることが家族や会社の同僚にばれてしまう理由として、返済遅延や滞納ということが多いのです。返済を遅延したり滞納すると、必ずキャッシング会社から返済催促の電話が職場や自宅に来ます。この電話連絡でばれることはあります。また、電話連絡の催促にも応じずに返済延滞を放置していると、今度は「督促状」が自宅に届くので、家族にその督促状をみられると100%ばれます。
内緒でキャッシングし続けたいのなら、絶対に返済で問題を起こさないようにしましょう。

主婦カードローンはこちら