内緒で借りれない人っているの?|専業主婦カードローン選択

MENU

内緒で借りれない人っているの?

キャッシングを利用しているすべての方と言ってもよいくらい、誰にも内緒でこっそりお金を借りたい!…と考えているのです。そして、そのような利用者の要望にしっかり応えてくれる金融会社は多いのです。その一方で、利用者によっては、内緒で借りられない人や内緒で借り難い人はいるかもしれませんね。そこで今回のレビューでは、「内緒で借りれない人っているの?」との疑問について考えてみたいと思います。

 

消費者金融なら誰でも内緒で借りられますよ

 

原則として、キャッシングは利用者本人以外の人に知られずに借りることは可能と言ってよいのです。たとえば、内緒でキャッシングしたい人がたくさん利用している金融会社は、“消費者金融”なんです。消費者金融を利用する人って、かなりの数の方が「消費者金融でお金を借りていることだけは他人に知られたくない!…」と感じているのです。それはある意味で「消費者金融でお金を借りていることへの後ろめたさ…」や「お金に困っている自分を他人に知られたくない…」といった思いからくる意識だと言えるかもしれませんね。そして、消費者金融側でも、そのような利用者が多い事を前提とした配慮を用意しているのです。具体的に言えば、消費者金融の申込フォームには「家族には内緒で借りる」といった項目が設けられており、その項目にチェックを入れて提出すれば内緒で借りられるようにきちんと配慮してくれるのです。また、申し込みから審査を経て融資まですべてをネット上で完結できる「WEB完結」も充実しているので、誰にも知られずにお金を借りれます。さらに、来店不要なので消費者金融の店舗に入るところを誰かに目撃されてばれてしまう心配もありません。つまり、消費者金融を利用してキャッシングできれば、内緒でお金を借りるのは十分に可能なんです。その一方で、消費者金融でお金を借りれないような人の場合は、他の人にキャッシングがばれてしまうリスクは高くなってしまうと言えるかもしれませんね。

 

内緒で借り難い人はいるかもしれませんよ

 

さて、上記の条件に該当してしまう利用者としては、“専業主婦”なんです。専業主婦は無収入なので、無収入の人には融資できない総量規制の対象になる消費者金融ではお金が借りられないのです。また、消費者金融であえてお金を借りようとすれば、配偶者貸付を利用する以外に手はありません。そして、配偶者貸付を利用するには、配偶者である夫の同意が前提となるので、誰にも内緒でキャッシングするのは不可能と言えますね。他方、無収入の専業主婦でも利用可となる銀行カードローンなら、内緒で借りれる可能性はあると言えます。その場合には「配偶者の同意」を必要としないことが大前提であり、かつ配偶者の収入証明書の提出も不要である事が条件となるでしょうね。しかしながら、配偶者貸付を利用しないで融資を受けられる銀行カードローンであっても、実質的には配偶者である夫の収入を担保に専業主婦はお金を借りることになるので、少なくとも審査で夫の収入を証明することは必要になると考えられます。そして、夫の収入を証明するためには、収入証明書の提出が必要になると思われます。それゆえ、配偶者の同意こそ不要な銀行カードローンですが、夫の収入証明書の提出も不要で融資してくれる銀行カードローンはまず無いと思いますよ。そのことから、専業主婦に限って言えば、“内緒で借りられない人、あるは”内緒で借り難い人“ととらえてよいのではないでしょうか。

主婦カードローンはこちら