主人がキャッシングしていてもキャッシングできるの?|専業主婦カードローン選択

MENU

主人がキャッシングしていてもキャッシングできるの?

パートなどで収入を得ている主婦の方なら、主人がキャッシングしているか否かはまったく関係ありません。なぜなら、パートで得た自らの収入を担保にキャッシングできるからです。他方で、主人の収入を担保にしてお金を融資してもらう主婦キャッシングの場合は、いささか事情が異なります。そこで今回は、「主人がキャッシングしていてもキャッシングできるの?」との視点から主婦キャッシングについて考えてみます。

 

専業主婦の借り入れは主人の収入しだいなんです

 

専業主婦は収入がないので、自身の経済力ではどの金融会社でもキャッシングできません。なぜかって?!…だって収入ゼロだから返済能力もゼロとなるからです。そして、返済能力がゼロの人や返済能力がすごく低い人だと、どの会社でもキャッシングを認めません。一方で、専業主婦の場合は、主人の収入を担保にしてお金を借りるのが可能です。たとえば、「配偶者貸付」はその代表的なキャッシング方法となります。配偶者貸付とは、主人の年収を担保として無収入の専業主婦でもお金が借りられる制度なんです。ただし、配偶者貸付を利用するさいには、以下の書類の提出が必要となります。それは「配偶者の同意書」「婚姻事実を証明できる住民票か戸籍抄本」そして「配偶者の収入証明書」となり、どれかひとつでも欠けると配偶者貸付は利用できません。そして、配偶者貸付の利用で重要となるのは、配偶者の収入状態と借入状況となります。

 

主人がキャッシングしていると主婦キャッシングはどうなるの

 

配偶者貸付を利用する上において、無収入の主婦キャッシングの担保となる主人の収入状態は大きく影響しますよ。たとえば、主人が自身でキャッシングしている場合は、「キャッシングしている借入先がどれくらいあるのか?」や「借りているお金の総額はどれくらいか?」といったことは主婦キャッシングに大きく影響してしまいます。たとえば、主人の年収が300万円で、主人自身がすでに100万円キャッシングしていたら、配偶者貸付を利用した主婦キャッシングでの借入余裕はゼロ円!となってしまいます。それは年収の3分の1までしか借りれない総量規制に照らし合わせると、主人の年収のうちですでに3分の1まで借り切っているので、担保となる主婦キャッシングの余裕はなくなってしまうからです。また、単に借入額だけでなく、もし主人が4社、5社から小額であってもキャッシングしていると、主人を多重債務者の予備軍とみなしてしまう場合もあります。そのように判断されてしまうと、配偶者貸付の利用はとても難しくなると考えておいてください。つまり、主人がキャッシングしていると即座に主婦キャッシングはできないと言う訳ではありませんが、主人の収入を担保としてお金を借りる限り、主人の収入状態や借入状況は、審査でなにかしらのマイナス要因になってしまうことは避けられないと言ってよいでしょうね。

主婦カードローンはこちら