キャッシングばれるケースってどんな場合?|専業主婦カードローン選択

MENU

「キャッシングしていることを誰にも知られたくない!」…という人はたくさんいらっしゃると思います。そして、キャッシングしていることは利用者本人が注意して管理していればばれることは無いと言えます。つまり、カードローン会社が実質的にキャッシングしていることを利用者以外の人に知らしめるような真似はしないと言うことです。そこで今回は、「キャッシングがばれるケースってどんな場合?」との質問に答えてみたいと思います。

 

返済で問題おこすとばれる可能性は大きい

 

キャッシングしている事実を家族に知られてしまったり、会社の同僚に知られてしまうといったケースでは、利用者本人の不注意が原因となる場合が割に多いのです。そのひとつの原因としては、“返済を遅延したり滞納してしまう”といったことなんです。返済が少しでも遅れたり滞納すると、必ずカードローン会社からまず携帯電話に連絡は入ります。携帯電話での返済催促なら他の人にばれる可能性は少ないでしょう。が、その返済の催促に応じないと、今度は自宅や職場に返済を促す電話連絡が来ます。しかし、この段になっても、「○○カードローン会社の□□です。」と名乗るのは利用者本人が電話口で応対した場合のみとなるので、ばれることはないと思います。そして、自宅や職場への返済催促の連絡にも応じないと、今度は自宅に返済の「督促状」が届きます。そうなるとばれる可能性はグンと高くなります。さらに、督促状にも応じない場合には、給料の差し押さえなどの裁判所命令の執行となるので、そうなった場合にはほぼキャッシングが他の人にばれると言えます。それゆえ、絶対にキャッシングがばれたくなければ返済では絶対に問題を起こさないことが大切なんです。

 

カード管理などの不注意でもばれることあります

 

次に考えられるのは利用者の不注意によってばれてしまうケースでしょう。たとえば、消費者金融のカードローン専用カードが財布に入っていることを友人や知人にチラっと見られてしまうとキャッシングがばれます。また、パソコン履歴を他人に閲覧された場合も、カードローン会社への申込履歴が残っているとばれますよね。さらに、返済を銀行口座振替にすると、カードローン会社の引き落とし履歴が残るので、銀行通帳を見られるとキャッシングがばれます。また、消費者金融の店舗ATMを利用しているところを目撃されてもばれるでしょうね。このように利用者本人のちょっとした油断や不注意で、実はキャッシングしている事実がばれてしまうケースって多いのです。そのことから、ばれることを避けたければ、カードローン専用カードは他人の目につかないように財布とは別のところで管理したり、返済はATM返済を利用して銀行通帳にカードローン利用履歴を残さないように配慮する、加えてパソコンで申し込んだ場合には申込履歴を削除しておくといった細かい配慮が必要になると言ってよいのです。そして、利用者本人が最善の注意を払っている限り、カードローン会社からの不注意でキャッシングがばれてしまうことはまず有り得ないと言ってよいのです。

 

主婦カードローンはこちら