カードローンを利用する時の注意|専業主婦カードローン選択

MENU

専業主婦がカードローンを利用する時の注意について

専業主婦でもカードローンを利用してお金を借りることは可能です。その一方で、パートで働いて収入を得ている主婦とは異なり、専業主婦ゆえにカードローンを利用するさいに注意すべき点はあると思います。そして、そのような注意を知らずにカードローンに申し込んでしまうと専業主婦がお金を借りれなくなるケースが多いと言えるのです。専業主婦がカードローンを利用する時の注意についてご紹介します。

 

消費者金融では専業主婦は借りれない!?

専業主婦カードローンの利用において、まず注意したいのは、“専業主婦は無職で無収入である!”との事実なんです。つまり、「無職無収入の人は、原則としてカードローンの利用はできない!」といった前提に立ったカードローン利用を心掛けることが大切と言えるのです。その点に鑑みて言うと、年収の3分の1までしか融資できない総量規制の対象となる消費者金融だと、無収入の人にはお金を融資できないので、専業主婦だとキャッシングできませんので注意してください。

 

一方で、配偶者の年収を担保にした“配偶者貸付”を利用すれば消費者金融カードローンは利用可能となります。そして、配偶者貸付を利用するためには、

  1. 「配偶者の同意書」
  2. 「婚姻事実を証明できる住民票か戸籍抄本」
  3. 「配偶者の収入証明書」

の提出が必要となります。が、仮にすべての書類をきちんとそろえて提出できたとしても、プロミスやアコムなどの大手消費者金融では配偶者貸付の利用を断っているので、この点は注意しておく必要があります。

 

専業主婦カードローンは銀行カードローン!でも注意点もあります!

専業主婦カードローンとなるのは、総量規制の対象外となる「銀行カードローン」となります。
銀行カードローンは、消費者金融カードローンに比べると、金利も低めで融資も大きめとなるので専業主婦が利用できるメリットはすごく大きいと思いますよ。しかし、注意したい点もあります。それは“銀行カードローンは審査が厳しくなる!”ということなんです。いかに「専業主婦でも銀行カードローンなら利用できる」と言っても、専業主婦に対する審査が特別に甘くなる訳ではありませんよ!審査のやさしさだけから言えば、専業主婦では利用不可となりますが、消費者金融の方がやさしめとなって、キャッシングできる確率は銀行よりも高いと言ってよいのです。

 

銀行カードローンでは、実質的に配偶者の収入状態を審査するかたちで専業主婦への融資の是非を決めることになります。それゆえ、銀行カードローンの審査の厳しさは、配偶者へと向けられることになると言えるのです。そのことから、配偶者の収入状態に少しでも疑問があったり、雇用が不安定であったり、また過去に金融事故を起こしてブラック登録されていた事実が判明してしまうと即座に審査に落とされてしまうことも少なくありません。以上のことから、専業主婦は、銀行カードローンが利用できるものの、審査は決して甘くなく、キャッシングできないことも少なくないということを前もって憶えておくことが注意すべき点になると言えるのではないでしょうか。

主婦カードローンはこちら