カードローンの審査に落ちる理由|専業主婦カードローン選択

MENU

カードローンの審査に落ちる理由

専業主婦でもカードローンでキャッシングはできます。しかし、審査を受けて審査に通らないとキャッシングを認めてくれません。そして、“審査”なので、落ちてしまう専業主婦の方も決して少なくありません。そこで専業主婦カードローンの審査に落ちる理由について考えてみたいと思います。

 

専業主婦カードローン審査の可否は配偶者次第なの!?

 

専業主婦は無収入です。そして、無収入なので、どのカードローン審査も通りません。しかし、専業主婦に限って、配偶者の収入を担保にしたカードローン利用が可能になります。そのようなカードローン利用を認めてくれるのが、「銀行カードローン」となります。申込者本人の専業主婦は、もちろんカードローン審査の対象ですが、専業主婦は無収入なので、実質的に審査できる項目は無いと考えられるのです。なぜなら、無収入という事実のみで審査に通らないからです。その上で、“専業主婦をあえて審査に通す”ということは、つまりは「配偶者となる夫を審査に通す」ことで専業主婦を審査に通すといった理屈になるのです。そのことから、専業主婦カードローンの審査は、実質的には配偶者である夫を審査する審査になると言えるのではないでしょうか。専業主婦において“無収入”以外になにも問題がなくても、配偶者の収入状態や借金の状態になにかしら問題があるとカードローン審査に落ちてしまう理由になるのです。

 

専業主婦カードローン審査に落ちる理由ってこんなこと!?

 

専業主婦カードローン審査に落ちる理由は、まずは「夫の収入証明書が提出できない」ことです。専業主婦は、カードローン審査において必ず配偶者に安定収入がある事実を証明する必要があります。その証明に必要なのは、夫の収入証明書となります。そのことから収入証明書が提出できない場合は、「配偶者の収入に疑問あり!…」とみなされて審査に通らなくなります。
また、配偶者が過去に金融事故を起こしてブラックだと絶対に審査に通してくれません。配偶者自身に、すでに複数社からの借金があったり、多額の借り入れがある場合には、「返済能力無し!」とみなされて審査に落とされます。たとえば、夫の名義で「住宅ローン」を抱えていると、専業主婦がカードローン審査に落とされてしまうケースはありますよ。さらに言えば、配偶者の収入が不安定だったり、無職無収入である場合には100%の確率で審査には通りません。
以上のように、配偶者の収入状態や借入状況に問題あると、専業主婦カードローン審査に落ちる理由となる可能性は高いのです。

主婦カードローンはこちら