カードローンのメリットデメリット|専業主婦カードローン選択

MENU

専業主婦と収入がある主婦のカードローンキャッシングのメリットデメリット

主婦がキャッシングするさいには、“収入のある主婦”と“無収入の専業主婦”とに選別されて審査され、融資を受けることになります。そこで気になるのが、収入ある主婦と無収入の専業主婦とのメリットやデメリットだと思います。

 

専業主婦キャッシングのメリットとデメリット

 

メリット

あえて専業主婦キャッシングでのメリットを指摘しようとするなら、それは“低金利の銀行カードローンで融資が受けられる”ということになるのではないでしょうか。
なぜなら、カードローン利用において、金利が低いところでキャッシングできるのは返済負担が軽く済む大きなメリットと言ってよいからです。

デメリット

一方で、専業主婦キャッシングのデメリットはなんでしょうか?…まず第一に言えることは、“専業主婦キャッシングは借入先が限られる!”ということです。
専業主婦の場合は、配偶者の収入を担保とした銀行キャッシグしか実質的に借入先が無いと言ってよいからなのです。なぜなら、総量規制の対象となる消費者金融では無収入の人には融資できないので、無収入の専業主婦だと消費者金融ではお金を借りれないからです。

 

さらにデメリットとして考えられるのは、パート主婦より専業主婦の方が一般的に融資上限額を低く設定されてしまうことでしょう。パート主婦の融資上限が50万円だとしたら、専業主婦だと10万円〜30万円くらいに低く抑えられてしまうのが実際に多いと言えます。

 

最後のデメリットは、“審査の可否が配偶者次第!”といった点ではないでしょうか。専業主婦がキャッシング審査を受ける場合に、実際に審査にかけられるのは配偶者と言ってよいのです。それゆえ、申込者本人となる専業主婦になにも問題となるような点が無くとも、配偶者が金融ブラックであったり、収入が不安定だったりすると、審査に落とされてしまうのです。

 

パート主婦キャッシングのメリットとデメリットは?

 

メリット

パート主婦のメリットは、なんと言っても専業主婦のように申し込みや融資において規制や障害が無いということではないでしょうか。つまり、主婦という立場を審査で問われる事無く、他の一般利用者と同じ条件で申し込めて審査を受けて融資を受けられるということなんです。それゆえ、パート主婦なら銀行でも消費者金融でも、どの金融会社のキャッシングにも申し込めます。また、消費者金融だったら、原則として自分のパート年収の3分の1までは借り入れ可能となり、銀行キャッシングだと年収の縛りがなくなるので3分の1以上の借り入れも可能となります。

デメリット

パート主婦キャッシングのデメリットとして考えられるのは、パートという収入と雇用面で不安定な働き方が正社員と比べた場合に審査で不利になってしまうといったことではないでしょうか。また、収入と雇用面が不安定ゆえに、同じ年収であってもパートと正社員とでは、正社員の方が融資上限額が高くなる傾向も否定できません。しかしながら、消費者金融カードローンならパート主婦であっても審査において働き方による不利や差別は無いと言えます。が、銀行カードローンの審査では、パート主婦ということが、時に審査でマイナスとなってしまうことがあり、銀行によってはパート主婦の審査が特に厳しくなってしまうといったデメリットもあると言えるのです。

主婦カードローンはこちら