どうやって返済したらいいの?|専業主婦カードローン選択

MENU

どうやって返済したらいいの?

専業主婦カードローンでお金を借りる時に、専業主婦の方に一番留意して欲しいのは、お金の借り方ではなく、実は「返済方法」と言ってよいのです。なぜなら、専業主婦の人は無収入なので決して返済能力は高くないと考えられるからです。それゆえ、「どうやって返済したらいいのか?」をしっかり考えずに借りてしまうことは専業主婦にとってとても危険な事と言っても過言ではありません。

 

専業主婦が返済で注意したいのは「確実に返済できる事」!

 

どのような返済方法を選ぶにしても、一番大事な事は、「この返済方法なら毎月確実に返済できる!」と確信できる方法をチョイスすることなのです。専業主婦でも他の利用者と同じように、融資契約を結ぶ際には返済の約束をします。返済の約束ができないような人には絶対にお金を貸しません。そして、約束した返済期日までに返済できなかったり、返済を滞納してしまうと契約違反となって、年20%の損害遅延金が掛かってしまいます。損害遅延金を支払わなければならないのは大変な負担となりますが、返済の約束を守れなったことでキズが付いてしまう専業主婦の信用力の方が大きな問題となってしまいます。

 

返済方法は自由に選べる!

 

専業主婦カードローンでも様々な返済方法が用意されています。その中から各専業主婦が自由に選べます。具体的には、「口座自動振替」「ATM返済」「銀行振込」「来店返済」となります。この中で返済期日に遅れる事無く、確実に返済できる方法を選ぶのがコツです。また、各々の返済方法については一長一短があると言えます。「口座自動振替」は、毎月決められた返済日に指定した口座から自動的に一定の返済額が引き落とされる返済となります。そして、家事などで毎日忙しい専業主婦の方には一番オススメしたい返済方法と言ってよいのです。「口座自動振替」のメリットは、返済手数料が無料で返済し忘れる心配が少なく済むことです。一方、デメリットは返済日までに必ず返済分のお金をプールしておくことを忘れないようにすることとなります。「ATM返済」は、コンビニや提携先金融機関のATMを利用して、返済期日までに返済していく方法となります。日常的にコンビニを利用している専業主婦の方ならATM返済も便利だと思われます。ただし、ATM返済では手数料が掛かってしまう場合があるのがデメリットとなります。手数料は、1万円以下で100円+税、1万円超だと200円+税となります。一方、メリットとしては、返済期日までに返済すればいいので、利用者各人のタイミングで返済できる自由度があることでしょうね。そして、「銀行振込」と「来店返済」に関しては、返済のつど、銀行窓口やカードローン会社の店頭に足を運ばなければならないことと、銀行振込では手数料負担が利用者負担となってしまうことです。面倒さと手数料の面から言うと、忙しい専業主婦にはオススメできない返済方法と言ってよいのではないでしょうか。

主婦カードローンはこちら