どうしても返済できない場合|専業主婦カードローン選択

MENU

どうしても返済できない場合

専業主婦カードローンを利用されている方の中には、「お金を借り過ぎてどうしても返済できなくなりそうだ?」と言った人もいるのではないでしょうか?できれば絶対に返済で問題は起こしたくありませんよね。が、どうしても返済できない場合にはどうすればいいのでしょうか?

 

どうしても返済期日まで間に合わない場合は?

返済できないケースにおいて、「どうしても返済期日までには返済できない」と言ったことがあると思います。その場合はどう対処すればよいのでしょうか?まず第一にしなければならない対処は、カードローン会社に返済期日までに返済できない旨をきちんと正直に伝えることとなります。なにも連絡無しで返済期日に遅れることは最悪と憶えておいてください。なぜなら、返済の約束を違えた上に、知らんふりを決め込んでいると思われてしまうからです。そのような誠意の無さを感じさせてしまうと今後のカードローンが利用し難くなってしまうことがありますよ。たとえば、限度額を減らされたり、一時的にカードローン利用を停止されてしまうことがあります。そして、遅れる旨を伝えて、遅れる理由を正直に話した上で「○日までなら返済できます」と必ず返済する意志を伝えることが大切です。返済する意志を示せば、一時的に返済期日を延ばしてくれて年20%の損害遅延金が発生しないように配慮してくれることもありますよ。

 

どうしても返済できない場合はどうするの?

専業主婦カードローンを利用して、どうしても返済できない場合にはどうすればいいのでしょうか?この場合も、まずすべき事は、返済できない事実と理由をカードローン会社にきちんと正直に話すこととなります。返済できない理由に酌量できる余地がある場合には、「今月は利子分だけの返済でもOKです」や「きちんと返済できるまでは利子分のみ返済にしてください」といったように、返済できない立場に立って配慮してもらえることも可能となります。他方、なにも連絡しないで返済しない状態を放置してしまうと、「返済滞納処分」となって、年20%の損害遅延金が発生するとともに、信用情報機関に報告されてしまうことで自分の信用情報にキズが付いてしまいます。そうなると、カードローン利用を停止されたり、残債の一括返済を要求されてしまうことにも成りかねません。加えて、信用情報機関に返済遅延が記録されてしまうと、他のカードローン審査にとても通り難くなってしまいます。さらに返済延滞が金融事故扱いにされると、ブラックとして名前が登録されてしまうどの金融機関でもキャッシングできなくなります。

主婦カードローンはこちら